決算!忠臣蔵 (2019)

堤真一演じる大石内蔵助が予算内での討入りを達成すべく奮闘する時代劇コメディ。監督:中村義洋、キャスト:堤真一、岡村隆史、阿部サダヲ

  • amazon : 決算!忠臣蔵 (2019)

決算!忠臣蔵 (2019)のあらすじ

今から約300年前。江戸城・松の廊下。赤穂藩藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介に斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、赤穂藩のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、藩士たちは路頭に迷います。

赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は、嘆く暇もなく、幼馴染の勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。ただそこで発覚したのは、討ち入りするにも予算が必要ということ。上限予算は9500万!!!討ち入るのか討ち入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。藩士たちの日々の生活費や食費に家賃、江戸までの往復旅費、討ち入りするための武具などなど…数えあげたらキリがないほどに、お金はどんどん出ていくばかり。しっかり節約する人もいれば、自分だけはいいや、と無駄遣いをする人もいて、プロジェクトは超難航!お金が足りずに、やる気満々の浪士たちのリストラも余儀なくされる始末。どうする大石内蔵助!?予算の都合で、チャンスは一回!果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!?

  • コメント: 0

関連記事

  1. アンラッキー・モンキー (1998) : Unlucky Monkey

  2. ポストマン・ブルース (1997) : Postman Blues

  3. フライ,ダディ,フライ (2005) : Fly, Daddy, Fly

  4. 山のあなた〜徳市の恋〜 (2008) : My Darling of the Mountains -Tokuichi in love-

  5. DRIVE ドライブ (2002) : Drive

  6. 神様はバリにいる (2015) : Bali Big Brother

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。