着信アリ (2004) : One Missed Call

鬼才・三池崇史監督が柴咲コウを主演に迎え、初の心霊ホラーに挑戦。携帯電話という身近なツールに届いた“死の予告”の恐怖を、身の毛もよだつエピソードの連続で描き出す。監督:三池崇史、キャスト:柴咲コウ, 堤真一, 吹石一恵, 岸谷五朗, 石橋蓮司

 ・ amazon : 着信アリ (2004) : One Missed Call
 ・ amazon prime : 着信アリ (2004) : One Missed Call
 ・ Hulu : 着信アリ (2004) : One Missed Call
 ・ U-NEXT : 着信アリ (2004) : One Missed Call
 ・ dTV : 着信アリ (2004) : One Missed Call
 ・ Youtube : 着信アリ (2004) : One Missed Call

着信アリ (2004) : One Missed Call のストーリー

この世に恨みを残して死んだ女の霊が携帯電話を通じて伝播し、その死の予告メッセージを受けた者が怪死する事件が発生。そうして親友・なつみ(吹石一恵)を亡くした女子大生・由美(柴咲コウ)にも、死の予告メッセージが届いた。呪いの連鎖を食い止めるべく、同様にして妹を亡くしていた葬儀屋の山下(堤真一)と共に事件の真相を追うことにした由美は、やがて幼い娘を虐待死させた水沼マリエ(筒井真理子)と言う母親の存在を知る。そして、廃病院で彼女の遺体を発見し霊を慰めた彼女は、死を免れた――かに見えたが、実は呪いの発信源はマリエの娘・美々子であったことが判明する。呪いは終わっていなかった! それを報せに由美の部屋を訪ねる山下。しかし、彼は美々子に憑依された由美に刺されてしまうのだった。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。