39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō

森田芳光監督が、刑法第39条(心神喪失及び心神耗弱とみなされた場合の犯罪の不成立及び刑の減免)をモチーフに人間の心の闇を描いた心理サスペンス。殺人を犯した多重人格者の容疑者と、彼を司法精神鑑定する香深の間で息詰まる心理対決が展開する(キネマ旬報)。

 ・ amazon : 39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō
 ・ amazon prime : 39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō
 ・ Hulu : 39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō
 ・ U-NEXT : 39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō
 ・ dTV : 39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō
 ・ Youtube : 39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō

39 刑法第三十九条 (1999) : 39 Keihō Dai Sanjūkyū Jō のあらすじ

猟奇的な夫婦殺害事件が発生し、劇団員の柴田真樹(堤真一)が逮捕される。彼は殺害こそ認めるものの、殺意は否定。殺害当時の記憶はなかったと主張する。そして裁判中、人格が豹変したことから、司法精神鑑定が請求される。鑑定人・藤代実行(杉浦直樹)は、柴田が犯行時に精神が乖離状態で心神喪失していたと鑑定するが、鑑定助手の小川香深(鈴木京香)は、別の結論を確信し再鑑定に動き出す。多重人格の容疑者と、その精神の奥底に迫る鑑定者。徐々に事件の奥に潜む真実が明らかになっていく…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ローレライ (2005) : Lorelei

  2. SP – 野望篇 (2010) : SP THE MOTION PICTURE I

  3. SP – 革命篇 (2011) : SP THE MOTION PICTURE II

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。